3月は一年を制す!

受付時間について ウェルズに質問? 問い合わせ 個人情報に関して 企業概要 サイトマップ

 

HOME
無料体験
10月の本格勉強
指導実例
相談例
体験談
各地のプロ教師
プロ家庭教師の薦め
案内
特長やシステム
料金・費用(ケース別)
様々な指導
Q&A
トラブル防止
コラム
教師登録
厳選リンク

「2月・3月が最大のチャンス!」

「2月・3月は一年を制する!!」
「2月・3月が最大のチャンス!」
というウェルズが強くお薦めするお話です。
しかもお金をかけなくてもお得な効果のあるお薦めの話です!

プロ家庭教師で頑張ってください。

これはこれから受験勉強(大学受験・高校受験・中学受験・資格試験・検定試験等々)を始める人、これからも受験勉強を続けなければならない人はもとよりですが、受験が終わりその結果に「ホッ」としている人も関係のあるお話です。

そんな話今は聞きたくないと、特に当事者(受験これからの人、受験これまでの人)にとってはとっても耳の痛い話かもしれませんが、出来たら我慢して勇気を出して 是非聞いて下さい。

受験これからの人と受験これまでの人ではページが違いますので進むページをお選び下さい。

受験が終わり「ホッ」としている人への話
(受験が終わり「ホッ」としている人及びその関係者がお読み下さい。)
受験が終わって学校への納入金の入金や、必要な書類の提出が終わってやっと一息ですね。そしていよいよ卒業式・謝恩会・卒業旅行・制服の注文・教科書の購入など忙しい中やらなければならないこと様々ですよね。だからこんな話はめんどくさいと思われてるいるかもしれませんね。 今までさんざん親子で大変でしたから無理もないです。「分かります」。お忙しいと言うことも重々理解しております。でも少しだけ我慢して聞いて下さい。

受験が終わり「ホッ」としている人たちの中には、ほんの一握りですが、今でも少しずつ勉強をして差を広げているライバルが確実にいるという真実があります。だからこそ、このページをお読みいただいているのです。
そして、このページの趣旨、それは勉強を継続して下さい。という一点のみのお願いです。

勉強のペースは受験までと違ってハイペースでなくてもかまいません。でもお願いしたい最も重要な点は 、それは続けることです。(継続は力なりです!)
つまり勉強の空白期間を作らないこと。ブランクを空けないことです。
せっかく学習を受け入れる体制になっている頭を再び休止状態にしてもらいたくないのです。
受験の時みたいにお金もかかりません。必ずしも塾・予備校に行く必要はありません。

これをお読みの親御さんであれば自分の受験、合格時の経験を是非思い出して下さい。
高校に合格した時、大学に合格した時、中学に合格した時、合格後勉強しましたか?

また、合格後学力はどうなって行ったか覚えていますか?
もしその合格後の2月・3月の勉強の空白期間の後、4月になって合格した同じ学校の入学試験を受けて、合格出来ると思えましたか?よ〜く思いだして下さい。ほとんどの人が「NO」ではないですか?

学力は着実にしか伸びませんが、低下するのは思っている以上に早いものです。
築くには難く、壊すには容易いのです。

だからこそ2月・3月に勉強を続けることをお勧めするのです。
これまでの学習状況を理解し、これからの学習プランを一緒に考えることのできるプロ家庭教師で継続していきましょう。

続けなければないのです。おわかりいただけましたか?

 

2月・3月から入学へ向けて歩き出すメリットとは

4月新学期さわやかデビュー!

  • メリット1:
    ライバルは油断している。
    そして、ライバルは4月から頑張ろうと思っている。
  • メリット2:
    この時期にライバルは勉強していない。
    実力でライバルに負けていても差は縮まる。
    ライバルに勝っている場合でもぶっちぎりに差をつけられる。
  • メリット3:
    人より2ヶ月多く時間が稼げる。
    この2ヶ月という期間がいかに大きいか後で分かります。
  • メリット4:
    早く始めていることによる心理的余裕。
    4月以降にプラス効果→やる気にも良い影響が出る。
  • メリット5:
    受験勉強終了時点の学力があまり低下しない為、そうでない人と比べると必然的・相対的・圧倒的な効率で差が出る・差が縮まる。

だから・・・・プロ家庭教師を活用してください。
新しい学校・新しい環境で新学期さわやかデビューが出来る!!

 

これから受験勉強を始める人へ
これからも受験勉強を続けなければならない人への話
(「いよいよだ」「そろそろだ」と受験を意識している人、「もう一年だ」と受験を意識している人及びその関係者がお読み下さい。)

昔から入試の天王山は夏と相場が決まっていました。
今でもほとんどの人、受験生・保護者・塾予備校関係者も大部分の人がそう話しています。しかしウェルズは声を大にして申し上げます。
入試の天王山は夏ではなくズバリ2月・3月です。これは言い切っておきます。

夏はもちろん大事です。しかし第一志望校合格という栄冠を勝ち取った受験生は必ずといってもよいほど2月・3月を大事にしています。決してムダにはしていません!2月・3月を無駄にしている人は4月の時点での学力が激減している可能性です。

特に浪人生の場合、受験終了後1ヶ月はのんびりと過ごし、来月から頑張ろうと思っている人は非常に多くいます。その来月が来ても頑張れない人が多いのも事実です。1ヶ月もプランクを 空けると、受験に失敗という現実に接した時とはうってかわり、もう頭が切り替わってしまっており勉強に対する意識・熱意は1ヶ月後には驚くほど恐ろしいほど下がっています。

このことをお湯と水にたとえて説明すると、たとえば貴方の意識は受験の時点をピークとした場合、水で例えると殆どの人が沸点に達しています。しかし1日置くだけでお湯の温度はどんどんさがり、時間が経つにつれただの水になってしまいます。この水は再度熱を与えなければなかなか温度が上がらないのです(このことはみんな知っています)。この水は沸き難く冷め易いものです。

ですから、どんなにブランクを 空けるとしても1週間以上はあけてはいけません。3週間は危険ゾーンです。ましてや1ヶ月以上のブランクは非常に危機的な状況と言えます。これは特に大学受験生などで見受けられることですが、このプランクにより数ヶ月はまったく冷めた水の状態のままで、なかなか温かくならない受験生がとっても多い実態があります。

だからこそ続けるのです。(続けてもらいたいのです)
勉強のペース・時間・量は問いません。

何度も言いますが、まずは続けることです。
例え1日15分(ほんのわずかでも)でも続けていれば、お湯の冷め方は間違いなく違います。またあまり冷めていなければ、転じてお湯になるまでに沸く時間が短いのも誰にでも分かっていただける理屈だと思いますし、ぬるま湯でも冷めていないからこそ、勉強に対する意識・熱意を沸騰させることは水からと比べて容易いことで、受験生にとっても絶対楽な事です。ですから気持ちを絶対水にしては行けないのです。

また、4月から良いスタートを切りたい、切らせたいと思うのでしたらウォーミングアップの期間が必要ではないでしょうか? (マラソンでもスタートがいいと有利です。スタートがいいと有利になることは決まっています。そして出来たらロケットスタートならなおさら良いですよね。) だから プロ家庭教師を活用しましょう。

4月から受験勉強を本格化させるには

それには2月・3月の過ごし方がなによりも肝心であることはもうお分かりいただけましたね。
また、2月・3月がチャンスであると言い切ることも出来ます。証拠もあります。
それは・・・・あのライバル(勉強のできる友人を思い浮かべてください)でも2月・3月は少なくとも気を抜いているか、まだ始めていないからです。
意外とこの点に気づいていない人が多いのです。だから効果なのです。間違いのないことなのです。だから こそプロ家庭教師を活用しましょう。

 

2月・3月から受験へ向けて走り出すメリット

「4月新学期ロケットスタート作戦!!」

  • メリット1:
    ライバルが少ない。
    この時期ライバルが少ないというよりほとんどいない。ライバルは冬眠中(春眠中?)だから。
    ライバルは油断している。
    そして、ライバルは4月から頑張ろうと思っている。
    この時期にライバルは勉強していない。
    実力でライバルに負けていても差は縮まる。
    ライバルに勝っている場合でもさらなる差をつけられる。
  • メリット2:
    人より2ヶ月多く時間が稼げる。
    この2ヶ月という期間がいかに大きいかが本番で必ず分かります。
  • メリット3:
    早く始めていることによる心理的余裕。
    4月以降にプラス効果→やる気にも影響がでる。
  • メリツト4:
    受験勉強終了時点の学力があまり低下しない為、そうでない人と比べると必然的・相対的・圧倒的な効率で差が出る・差が縮まる。

だから・・・・4月新学期ロケットスタートが可能!!
(プロ家庭教師を活用しよう。)

 

どうしたらいいの?と思っている人へのメッセージ
2月・3月が肝心であるのは分かったと思われた人。
「そうなんだよな」と再認識した人。
「そんなの当たり前」ともともと気が付いていた人。
人それぞれだと思います。

「分かってはいるけど」どうしたらいいのと思う人は多いかもしれません。気が付いている人でもやらないのです。これはやらないと言うより、やれないと言うことが正しいかもしれません。

ではなんでやれないのでしょうか?
その答えの一部は受験生の心理にあると思います。

今の受験生を受験これまでの人と受験これからの人の場合に分けて見ると
  • 受験これまでの人
    せっかく受験が終わったんだからもう勉強なんかしたくはない。これが本音です。
    また、仮に勉強するとしても何をしたらいいか分からない。
    塾・予備校もなく、学校が始まっていないので何をやっていいか分からない。
  • 受験これからの人の場合は
    (現役高校生・浪人生・中学受験生・高校受験生)
    これから苦しい生活が始まるから4月まではのんびりしたい。
    (「4月から頑張る」実は本人はあまり苦しくない。本人がそう思っているだけ。苦しいのは本人より親御さんであるとの事実には本人は気が付いていない 。)
    また、塾・予備校が始まらないとどうしたら良いか良く分からない。(これは浪人生であればこのことが今回の受験を失敗した最大の理由であると言うことです。)

受験生にとって「4月から頑張る」と は、つまり
「4月から頑張るから2月・3月はのんびりさせてくれ」という意味です。

でもそう考えている受験生は間違っています。(断言します)
なぜなら4月から頑張れる人は、2月・3月から継続して頑張れるはずだからです。(ここが大事です)
4月から頑張れる人は、2月・3月も気を抜かず勉強出来るのです。
今の受験生は昔の浪人生とはだいぶ気質が違います。(昔からそうだったと言う人もいますが。)

そこで、親御さんはどうすればいいと考えますか?

 

どうしたらいいの?の続き
もう一度受験生のやらない理由をまとめます。

この時期の受験生の多くは下記のようです(あくまでも一般論ではありますが)

  • やる気がない(希薄である)
  • 危機感がない(まだ時間がたっぷりあると思っているから?)
  • 何をしたらいいか分からない(マニュアル世代だから)
  • 何が大事か分からない(恵まれた世代だから)
  • 時間の貴重さが分からない(まだ若いから?)
  • ましてやハングリー精神もない(今や死語になりつつある)
ですから受験生が
  • 2月・3月の有用性を良く理解し、
  • 合格に必要な内容を具体的に理解し(マニュアル世代だから)
  • 生活の良きリズムを作ることを心がけ(継続する)
  • 人がやっていないときが最大のチャンスであることは受験生が充分理解(頭と体での理解)することにより思いを強くし
  • 過度な学習計画を立てず着実に出来る学習メニューを作り今日から実行すること(過度な内容だと負担になりかえってやらない可能性がある)です。明日からではダメです。今日からです。

以上がやる気を出す為の最重要なことであり、また以上のことを理解することが受験生に一番説得力のあることです。

また、更に付け加えると、
この事実を理解してもやらなければ同じであると承知することです。いやむしろここまで読んでいただいた上では、かえってこの事実に気付いたために、2月・3月をそのままにした場合、かえって損をした気分になると理解 いただけるのではないでしょうか。
もしかしたら、読まなければ、気付かなければよかったと思われるかもしれません。放っておいて欲しかったなぁと思われるかもしれません。でもあなたはもう読んでしまいました。もう取り返しはつきません。とっても恐ろしいことです!?。来た道は引き返せません。突き進むしかありません。

2月・3月をチャンスに変えるしかないのです。
ぜひぜひ頑張って下さい!!(プロ家庭教師を活用しよう。)

具体的な学習メニュー・プランはどうしたらいいの?
いま何の勉強をしたらいいの?
何から始めたらいいの?
教材は何を使ったらいいの?
理想の学習ペースは?等々

様々な疑問、質問がある方はお気軽にウェルズにご連絡下さい。ここまでお読み いただいたのですから喜んで対応させていただきます。もちろんお金は一切かかりません。入会の強制も致しませんからご安心下さい。

最後までお読みいただきまして本当に有り難うございました。

 

無料体験 ] 10月の本格勉強 ] 指導実例 ] 相談例 ] 体験談 ] 各地のプロ教師 ] プロ家庭教師の薦め ] 案内 ] 特長やシステム ] 料金・費用(ケース別) ] 様々な指導 ] Q&A ] トラブル防止 ] コラム ] 教師登録 ] 厳選リンク ]
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、下記まで電子メールでお送りください。

家庭教師募集中 Copyright(C)2012 受験・入試対策のウェルズAll Rights Reserved
最終更新日 :2017/09/29