12月1月の最善対策

受付時間について ウェルズに質問? 問い合わせ 個人情報に関して 企業概要 サイトマップ

 

HOME
無料体験
11月の本格勉強
12月1月の最善対策
指導実例
相談例
体験談
各地のプロ教師
プロ家庭教師の薦め
案内
特長やシステム
料金・費用(ケース別)
様々な指導
Q&A
トラブル防止
コラム
教師登録
厳選リンク

人によっては待ちに待った「受験の直前期、仕上げの冬」がやっと来たという人がいるでしょう。

こ れからの時期はクリスマス、お正月など愉しい行事が続くので、受験生でなければ「冬」大好き、という人も多いのではないでしょうか。

一方、受験生にとっては
「冬」という季節をどこか重く感じられているのではないでしょうか?

いままで愉しいと感じてきたクリスマスやお正月の、この冬季イメージが喜び半減の状態になっているのではないかと思います。

暗くならないで下さい、これから目の前が明るくなる提案をしますので。

残された期間を精いっぱい元気を出して受験勉強に望みましょう。この時期になったからこそ、戦略的観点から着実な積み重ねを大切に やるべきことは何があってもやり抜く気合で頑張りましょう。

入試を直前にして、さぞやあなたの日常はあわただしく感じられる今日この頃ではないかと拝察します。

今年も日本全国の予備校・進学塾では冬期講習会が恒例として行われ ています。新聞広告や折り込みチラシなどが、電車にも、バスにも、駅構内にも予備校・進学塾の勧誘の案内、広告が目につき、まさに目白押しの状況です。

ここで少しの疑問です。

予備校・進学塾の冬期講習会、冬期特訓に行くのは、なぜでしょうか?
もちろん周囲の皆が行くからではないです。

「志望校合格の為に行かれる」のだと思います。

では質問です。

質問予備校・進学塾の冬期講習会・冬期特訓で
現在の自分が、これからの勉強で志望校への合格ラインへと果たして本当に間に合わせることができるのでしょうか?

これらの講習会・特訓では、レギュラー講師陣ではなく臨時で応援の講師が指導する場合もあるかと思いますし、今までと同様に集団授業であることも変わりようがない事実です。

それでも問題ない生徒もいるかと思いますが、そうではない生徒も大勢いることもまた事実です。

複数の志望校に向けて「合格確度を高めるこの仕上期」では各自一人ひとりの科目毎の現状学力、志望校への最適化の学習プラン、各自の適性に合わせた受験体制がオーダーメードで確立できていなければ、志望校入試にマッチさせる総合的受験体制とは言えないと ウェルズでは考えております。

ですから、特訓と言う以上は個別的対策が主となるものと理解するほうが良いかと思います。

集団的対策では、受験スタートから随分と経ているこの時点ですので、各自が同じ学力状況ではない訳ですし、この仕上げ期には向かないように思います。

確かに今までは、集団授業で成果を出していた人も多くおいでになりますので、その方法を否定しているわけではありません。他のプランも必要な人がいるということです。

成績が確実に上がっているなら、現在は最終仕上げの段階だと思います。それがあるべき状況です。

ただし、中には現在この時期に至っても、まだ成果の出ていない人、成績が変わらない人も少なからずおいでになることも毎年恒例の事実なのです。

これはそのような方への提案です。

これらの人は特にこの時期からの対策の進め方をよく考え直すことが必要です。
時期に合わせた、より具体的に自身に合わせ、的を絞った志望校対策。
残された時間を有効に使うための弱点補強。

今の時点からでも合格ラインまで引き上げるための集中特訓である必要があります。それを最も必要な人もいるのではないでしょうか。。

もう一度申し上げます。この時期からも今まで同様の予備校・進学塾の集団授業でよいのでしょうか。

どうしても全体授業であるがゆえの最大公約数的な授業にならざるを得ない側面をもっていることは否めません。従って受験生個々への志望校対策の指導が 、必ずしも充分になされるとは言い切れないので す。つまり限界があるということです。

「でも、これからは予備校・進学塾も志望校対策を中心としてくれるはず」
とあなたは言われるかもしれません。確かにこの時期の予備校・進学塾において「過去問対策」は指導の柱になっており、それなりの効果 を上げていることはここで否定するものではありません。くどいようですが、これらに該当しない方への提案です。

ここで考えていただきたいことは、様々な受験生が様々な志望校を目指している中で、予備校・進学塾の指導の中に は自分にとっては無駄で不要な部分もあるということ。

この直前の時期にいたっては自分のゴールに必要な対策にピントを合わせ集中的な指導をすることが必要なのではないしょうか?

知識の再確認としては有効ではあるのですが、すでに自分には解っていることの繰り返しになる授業は無駄・不要とは言えないでしょうか。まだ解っていない授業、単元があり、仕方がない抜け落ちがないかどうかの再確認とあきらめるのでしょうか?

まだ解っていない授業、単元の講義を受けてみたが、今まで同様の授業であったので結局理解が出来ず。(「残念!」ではあきらめきれないはずです。まだ間に合うのですから…)

この時期1分1秒が惜しい受験生にとって、このような時間の過ごし方は無駄だとも思えます。受験生の中には上で記した、自分にとっては安全圏になっている既知の授業にはお金だけ払い出席をしない選択をしている人もおります。もったいないですね。

「では、どうしたらいいの?」と…。

では申し上げましょう。

この冬、入試までの残された時間を最大限に活かすためには、
「本当に必要なことと不要なことを峻別し、残された期間をあなたの合格のみに傾注し、一歩でも二歩でも合格ラインに近づくこと」です。
(極端なことを言えば、他の受験生の合格は考える必要はないということです)

「それ には、どのようにしたらいいの?」と言われるあなたに、いよいよ入試が間近に迫っているあなたに、ウェルズから申し上げます。「まだ間に合うんです!」と大きな声で申し上げたい。

少々突飛なことを書きましたので、大きなお世話だと思う人もいるでしょう。そのような人は充分現状に満足されているものと思えますので、この先は読む必要はありません。是非このまま合格に向かって健闘してください。ウェルズは合格を祈念致します。

「気休めはよしてもらいたい」
「簡単に言わないでもらいたい」
「本当?」「嘘だろう」と感じた人や、
疑いながらも少し興味を持った人は続きをどうぞ。

 

続きを読まれるあなたに。
入試直前にして、ウェルズからあなたにもう一度申し上げます。
「まだまだ間に合います!」と更に大きな声で申し上げます。
それではいよいよ「まだ間に合う」話をしましょう。
ではなぜ「まだ間に合う」と言えるのでしょうか?

あの有名な戦略家の孫子が言っています。
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

入試もある意味ではライバル・志望校との戦いです。
(戦うのであれば勝たねばなりません。勝つ為には相手をよく知らなければなりません)

「まだ間に合う」ためには、
  1. 志望校の過去問を知り尽くす。
    「過去問」をただ単に、漫然とやるだけでは効果はありません。む解答)の認識を考えること。
  2. 志望校を知り尽くす。
    志望校(の先生)は以下の観点でもあなたを判断していることも忘れてはいけません。
    それは
    ・「どのような考え方をする受験生なのか」
    ・「どのような資質がある受験生なのか」
    ・「どのような可能性がある受験生なのか」
    を認識し表現できるようにすることです。
    つまり志望校という相手をとことん知ることにより、
    ・合格のハードルをクリアする。
    ・最低点以上の合格点を取る。(総合点で合格最低点以上取れば一点差で誰でもが合格出来るのですから)
  3. 自分の現状に直面すること。
    それは
    ・自分の学力はもちろんのこと
    ・自分の本音の気持ち
    ・志望校に対する思いなど
    あなたは自分の真の姿に、正直に逃げないで直面してください。直面することを恐れないでください。
  4. 焦らないこと、焦りは絶対に禁物です。
    ・焦りのあまり、新たな問題集や難しすぎる問題に手を出してはいけません。
    ・いまから新しいことにあまり手を出してはいけません。
    ・これからやみくもに手を広げすぎてはいけません。
    ・今までの学習の総復習、総点検を中心にするのもいいでしょう。
    合格においては必ずしも満点は必要ではないのですから。
以上、これらのことをふまえて、
これからの日々を有意義に過ごすこと。これが答えです。
前をまっすぐ向いて頑張ってください。
更に、「まだ間に合う」ためには、
  1. 今からでも本当に必要な学習方法に少し変えるだけで受験後の結果は大きく変わることをご理解下さい。
    本当に必要な学習方法に変える勇気を持ってください。
    ご決断が必要です。入試直前の今でも、受験結果に大きな違いを出せる学習方法はあります。その学習方法を知っている人はいます。

    「合格するための必要な点数をいかに効率よく取るか」という学習法です。言葉を換えれば、プロ家庭教師は毎年受験しているようなものです。

 

 

ここであなたにウェルズから耳寄りな1つの提案がございます。
「まだ間に合う」為に、「間に合わせる」為に、

常に受験の最前線で活躍しているウェルズの プロ家庭教師に是非お手伝いさせていただくことをご検討にお加え下さい。

そして合格させることの醍醐味を良く知っているウェルズの合格教師にお会いになってみて下さい。残された日々を合格の喜びを誰よりも良く知っているウェルズの合格教師にお手伝いさせてください。

プロ家庭教師の大きな可能性に気づかれたあなたは、ウェルズのプロ家庭教師の無料体験授業についておたずね下さい。入会の強制は決して致しません。

ウェルズは最大限の努力をさせて頂きます。

ウェルズのプロ家庭教師の
この「冬」のテーマは
スバリ!!
「あなたが春を笑顔でむかえられるように」です。
また、この時期のウェルズのプロ家庭教師は、以下のような点にまで踏み込み、『真の』過去問指導を心がけており、合格への最短ルートの提案をさせて頂いております。
  • 「誰よりも合格を熟知している」ウェルズのプロ家庭教師は、
    本当に必要なこと、不要なこととを峻別し、受験までの学習の効率を高めます!
  • 「誰よりも合格にこだわる」ウェルズのプロ家庭教師は、
    予備校・進学塾では決して出来ない一人ひとりの個々の受験生の現状に合わせた無駄を徹底的に排除した学習指導を提案致します!
  • 「誰よりも合格の喜びを知っている」ウェルズのプロ家庭教師は、
    プロの目から俯瞰した、本当に必要な事柄「学習事項の優先順位」示し、その指導を行います。
  • 「誰よりも合格を知っている」ウェルズのプロ家庭教師は、
    「志望校合格」という目標を第一義に絞って、残された期間をフルに指導に専念させて頂きます。
  • 「誰よりも合格を知っている」ウェルズのプロ家庭教師は、
    真の過去問対策を行います。
    (過去の傾向を見るだけではなく、受験生の現状の学力と、合格する為に必要な学力とのギャップをいかに埋めるか、いかに間に合わせるか)

 

■無料体験のお申し込みの方法

 

無料体験 ] 11月の本格勉強 ] [ 12月1月の最善対策 ] 指導実例 ] 相談例 ] 体験談 ] 各地のプロ教師 ] プロ家庭教師の薦め ] 案内 ] 特長やシステム ] 料金・費用(ケース別) ] 様々な指導 ] Q&A ] トラブル防止 ] コラム ] 教師登録 ] 厳選リンク ]
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、下記まで電子メールでお送りください。

家庭教師募集中 Copyright(C)2012 受験・入試対策のウェルズAll Rights Reserved
最終更新日 :2017/10/24